2015年3月11日 (水)

「科学的」を考えてみる

3月3日、私が勤めていた翻訳会社のリングァ・ギルド(LG)が行っているリングァ茶屋シリーズ・イベントがありました。『なぜふつうに食べられないのか 拒食と過食の文化人類学』という本を出版された著者の磯野真穂さんによる出版記念トークイベントでした。詳細については、LGのホームページに譲るとして…

私にとって最も気になったのは、磯野さんが、そもそもスポーツ科学を専攻していたにもかかわらず、「科学的」な分析の視点、つまり物事を腑分けして、順番をつけ、数値化するという発想(思想?)そのものに疑問を感じて、人類学という、思ってもみなかった分野に挑戦するようになったというくだりでした。

これは、とても深~いお話で、私がこれから指圧師になるに当たって、どういう方向を目指すのかにも、すごく大きくかかわってきます。私は現在、それこそ、磯野さんが疑問に思った、腑分けの学である解剖学や、人の身体の機能をミクロな視点から考える生理学について、とりあえず、お子様的な基礎知識を学んでいます。まったく新しいことばかりだし、人の体をこれまでこんな形で学んだことがなかったので、今の私にとってはとても興味深く、これからの修行には欠かせない勉強だとも思います。

でも、その一方で、最終的に自分が現場に立って一人ひとりと向き合う段階になったときには、問診や外見から具合の悪い箇所を分析し、そこから答えを導き出すという「科学的」な視点だけでは、きっと答えがでないことのほうが多いんだろうなぁ、ということも、なんとなくわかっています。

それは、すご~く単純化して言ってしまえば、ホリスティックな観点がなければ、本当の意味での治療はできないってことだし、それを見極める眼(と体)をどうやって鍛えるかってことでもあります。と言ってしまえば簡単だけど、その道は遠い…そもそも言いたいことを書こうとして、言葉を探すと、どうしてカタカナ語になったりするんだ。

まあ、そんな迂遠な話をするより、目の前の試験がんばれっていうのも現実なので、ともかく一歩一歩、ゆっくりのったり進むつもりです。今、読んでいる津田篤太郎さんの『漢方水先案内』という本は、こんな私の不安に、指針というか「大丈夫だよ」の安心感を与えてくれる温かい良書です。東洋医学にちょっとでも興味がある方などいらっしゃいましたら、ぜひ。

磯野さんのご著書は、まだ読んでいないのですが、こんな大切なことを改めて考えさせてくれた磯野さんの本を読むのも楽しみです。

2015年3月 2日 (月)

潜伏

一か月以上のご無沙汰です。潜っておりました。暗~く深~い試験の湖の中にずっぽり潜っておりました。

今回の試験では、期末1週間に加え、その1週間後には、1年間の到達度を見る評価試験というのがありまして、解剖学と生理学で学んだ1年分の内容が出されるわけで…何せX十を超えた私には、ちょっと前に、しっかりぎっちり覚えたはずのことをず~っと忘れずにいるという単純なことが、また、難しい。

というわけで、1年分の復習をしていたら、頭の中が煮えたぎるようでした。せっかく良くなったはずの五十肩はみごと復活、なのに、これまた1年分の到達度を見る実技試験ってものまであって、これが二人組の先生の前で一人の先生を押し、そして一人の先生にチェックされるというこわ~い代物。ふむ。

ラッキーなことに、私を見てくれた先生ペアは、評価するというより、できないところを指導してくれるというスタンスだったので、試験なのに教えてもらって、終始和やかなムードではあったのですが…緊張しすぎて、日ごろだったら考えられないような基本的なミスをしたので、きっと点数はボロボロです。試験の評価が戻ってきていない、今が一番幸せな時間ってことで、まあ、お勉強になったので、よしとしましょう。

これから、うれしい春休み! ブログの更新も、しばらくはさぼらずにやるつもりですので、また、お付き合いください。

2015年1月28日 (水)

ミラクル!

私の通っている学校には、私が密かに「ゴッドハンド」と呼ぶ先生がいます。毎回授業中、「脚の悪いやついないか~?」「腰の悪いやついないか~?」と言っては、ものの15分でクラスメートたちの体を整え、脚の筋肉をあちこちいじったり、お尻の運動なんかをあれこれやってみて、たとえば、それまで左右不揃いだった脚の長さをそろえたり、腰痛を緩和してくれたりします。毎回、身体のどの部分にアプローチするかというテーマがあり、ふさわしい部位の解剖学的な説明も入ります。

今まで覚えるだけでうんざりだった筋肉の名前や場所も、「実戦でこういうふうに使えるのね!」と思うと俄然覚える気になるというもの。その説明がとても論理的なので、指圧師見習いヒヨッコ組の私たちでも、つい、すぐに使えそうな錯覚さえ覚えてしまう…


で、今日の話。実は、「ぎっくり腰になる」というとてもスペシャルなお誕生日を数日前に迎えたばかりの楢でありましたが、今日は、そのゴッドハンドに、なんと、ぎっくり腰を治していただきました。試験も近いというのに、患って以来3日3晩床に伏せったまま、トイレに行くのもままならず、勉強もろくにできない状態でした。今日もやっとの思いで電車に乗り、立っているのがつらいので山用のストックで体を支えており…最寄りの駅から学校までの
15分が歩けなくてタクシーに乗ったところだったのですよ。


それでたまたま授業で「肩の悪いやついないか~」と先生がおっしゃいましたので、立候補したところ(冗談みたいな話ですが、かれこれ3カ月ほど五十肩も患っておりまして…)肩がテーマだったにもかかわらず、腰も「ついで」に治していただき、晴れ晴れとした気持ちでこれを書いております。

これ、さらっと書いちゃいましたけど、相当すごいことだと思われる。私も早くこんな風に治療ができるようになりたいもんです。


ちなみに、ぎっくり腰で五十肩の指圧師に、治療を頼みたいという方はどこにもいらっしゃらないと思いますので、あと2年ちょっとの修行の間に、自分の体バランスを整える修練も積みたいと思っております故、なにとぞお見限りなきよう。


Img_0630

わが家の庭に梅が咲きました。まだ、寒いけど季節は確実に春に向かっています。

2015年1月14日 (水)

タイ古式マッサージ

指圧師になる宣言をした直後に遊びの話も恐縮ですが、実は年末タイに旅してまいりました。学生時代から(そう30年前さ)タイが好きで、今回で6回目のタイ旅行となりましたが、最近は少しばかり視線がヨーロッパへ向いていたもので、最後に行ってから、気づけば15年以上もの歳月が流れておりました。

今回のタイ旅行の第一の収穫は何といってもタイ古式マッサージ。タイ式マッサージというと、日本では一般に、アクロバッティックな一風変わったマッサージというイメージがあるのではないかと思います。ところが、受けてみてびっくり、施術者の体の部位の使い方、施術の目指す方向性、施術者に対する教育方法も含め、これが実に奥の深い、いろいろ考えさせられる手技療法(手を使って人の身体に施す技全般をこう呼びます。指圧もこの一種です)なのでした。チェンマイでちょっとした旅の余興のつもりで寄った古式マッサージに魅せられ、優れた技術者を求めて、旅の途上で結局4回もマッサージを受けに行くことに…簡単な英語の教則本まで買ってしまいました。いつか私の指圧にも何か活かせたらよいと思っているのですが、はて、それはいつのこと?


Img_butsuzo
ワット・ポーに鎮座する涅槃物は、実に巨大

この寺院にはタイ古式マッサージの最高機関とも言われるマッサージスクールがあり、腕のよいマッサージ師さんも多いとか。ただ、大きな観光スポットでもあるので、私たちを施術してくれた方は、真剣みにかけてちょっと残念な感じでした。

2015年1月 5日 (月)

指圧師になります

あけましておめでとうございます。リングァ・ギルド(LG)からだメインテナンス部(と勝手に称している)楢でございます。俗に「六十の手習い」などと申しますが、50をXX歳も過ぎた年の身でLGを卒業させていただいたうえ、なぜか分野違いの指圧専門学校に通いはじめました。現在は、「解剖学」「生理学」といった、今まで頭の片隅にもなかった知識の洪水と格闘中でございます。

50歳になった時、生まれて初めてと言ってもよいぐらい自分の年齢というものを意識し、人生にも限りがあることに、やっと思い至った体たらく。このブログでは、そんな、ぼんやり女が、「治療のできる指圧師になる」という壮大な夢に向かって、フラフラゆるゆる進んでいく様子をみていただきつつ、その過程で学ぶ(はずの)体にまつわるプチ知識なども織り交ぜられたらよいなぁ、と思っております。というわけで、これからどうぞよろしくお願いします。

Img_2457_2

こんな勉強しています。これまでの人生で一番ノートを消費している日々です。
無料ブログはココログ